山口小夜子

 

山口小夜子さんのプロフィール

 
 
名前 山口小夜子(やまぐちさよこ)
1949年9月20日生まれ
身長は160cm台後半といわれている
 
 
[歴史]
*以下、各種公式プロフィール情報、特集記事など参考
 
 
 
神奈川県横浜市出身。
 
高校卒業後に杉野ドレスメーカー女学院に進学し、
先生の仮縫いモデルなどをする中でプロのモデルになることを決意し、
杉野学院卒業後の1971年にモデルデビュー。
 
だが、当時はハーフモデル全盛で典型的な東洋人顔の小夜子にはなかなか仕事がなく、
髪を染めることを提案されるなど、西洋人になりきることを要求されていた。
 
そんな中、山本寛斎のある画期的なショーにオーディションに合格して参加。
そのショー感動し、モデル活動の楽しさ・自信を取り戻す。
また、そのショーを見に来ていた三宅一生からもショー出演の話が来るなど、大きなターニングポイントとなる。
 
その後、1971年に開催された来日ショーに出演した
「ジャン・マリー・アルマン」からのオファーで渡仏し、1972年にパリコレにデビュー。
 
1973年あたりからは三宅一生もパリコレにデビューし、
1970年代後半からは日本人デザイナーのブランドだけではなく、
数々の海外トップデザイナーのパリコレのショーも含め、
パリでは多い時で15ブランド前後のショーに起用され、世界のトップモデルに。
 
その他、NYコレクションにも参加するなど、
1970年代から1980年代半ばにかけて10年以上世界的トップモデルとして長く活躍。
 
 
その後、1986年頃にパリコレからの引退、資生堂専属契約の終了など
国際的モデルとしての活動が一段落してからは、
活動の場を広げ、モデル業の他、様々な分野でクリエイターとして活動。
 
一方で、晩年の2000年代まで現役モデルとして活躍。
 
2007年に急性肺炎にて57歳で死去。
 
 
2015年春には、東京にて「山口小夜子 未来を着る人」という展覧会が開催。
同年秋にはドキュメンタリー映画「氷の花火 山口小夜子」が公開。
 
 
 
映画「氷の花火 山口小夜子」公式サイト
 
 
 
 

山口小夜子 主なキャリア・出演ショー

 
 
主なランウェイ登場歴
 
YouTube内の公式的映像など参考。
 
 
 
[パリコレ参加期間について]
1972年にオートクチュール部門でデビューし、
1986SSシーズン or 1986AWシーズンにパリコレから引退。
(1995年に10年ぶりにパリコレに復帰という公式情報があるため、
1986SSシーズンが最後の可能性が高い)
 

 ≪パリコレ(プレタポルテ)≫
 
 
ブランド名

判明している参加シーズン情報など

KENZO

ショーの主役として長く活躍

2004年にも特別出演あり

カンサイヤマモト

メインモデルとして活躍

イッセイミヤケ

メインモデルとして活躍

*1995AWにも特別出演

イブ・サンローラン

1979SS、1983SS出演(その他シーズン不明)

ソニア・リキエル

-

バレンティノ

-

ティエリー・ミュグレー

1984SS出演(その他シーズン不明)

クロード・モンタナ

1979SS・1983AW・1984SS出演。

その他、おそらく1985AWシーズンも出演(サングラス姿なので断定不可)

ドロテ・ビス(DOROTHEE BIS)

1978SS出演(その他シーズン不明)

エンリコ・コヴェリ(Enrico Coveri)

1982SS・1983SS出演

ジャンポール・ゴルチエ

未確定情報

まだ映像・写真などみつかりません。情報お待ちしています。

新人の頃のパリコレに出たことがあるというような非公式情報あり

1990年代に来日ショーに起用されたことがあることは確定

JC de カステルバジャック

未確定情報

1983SSのショー映像に一瞬小夜子さんらしき女性が映る

クリスチャン・ディオール

未確定情報

このブランドのショーに起用歴があることは確定。

ショー開催地はパリかどうか未確定

 
 
 
 
≪パリコレ(オートクチュール)≫
  • ジャンマリー・アルマン・・・・・1972年のパリコレデビューブランド
 
 
≪NYコレクション≫
  • カンサイヤマモト
 
 
 
≪東京コレクション≫
  • カンサイヤマモト
  • ジュンココシノ
  • コウシンサトウ
  • スタジオV(未確定情報)・・・・・本人か断定不可
 
 
東京その他
★以下は東京コレクションのショーなのか単独開催ショーなのか未確定
ケイタマルヤマ・・・・・開催地未確定。1997AWショーに出演
 
 
 
 
≪来日ショー≫
  • ザンドラ・ローズ
  • ジャンマリー・アルマン
  • ジョンポール・ゴルチエ
 
 
 
 
 
 
主な雑誌
  • FRENCH VOGUE(VOGUEフランス版)
  • 装苑
  • 流行通信
  • ハイファッション
 
 
 
広告・キャンペーンモデル
  • カンサイヤマモト
  • 資生堂
 
 
 
CD・レコードのジャケット
  • Steely Dan「aja」・・・・・1977年作品。横顔で登場している
 
 
 

 

山口小夜子さんコレクション登場動画

 
[特記事項]
現在、YouTubeのFASHION CHANNEL内の映像がすべてクローズされ、
一旦映像チェックが入ったりしたのちに再アップロードが進んでいる模様です。
アクセスした時に下記の映像が見られなかったら申し訳ありません。
 
 
 
[写真レポート]
VOGUE.UK パリコレ・プレタポルテ2004-2005AW「KENZO」ショーレポート
ケイタマルヤマ公式サイト内の1997-1998AWショーレポート
 

■YouTube「Fashion Channel」公式チャンネル
パリコレ・プレタポルテ2004-2005AW「KENZO」ショー映像
21世紀に入り、山口小夜子&冨永愛の共演が実現したシーズンのショー
 
 
vol.2 こちらには小夜子さん登場シーンはないものの、愛さんが1分50秒頃から登場


 

vol.3 55秒過ぎから小夜子さんの登場シーン。
ラストルックのモデルとして1分以上ソロで映っています。
映像ラストにはモデル全員登場シーンもあり。


 

■YouTube「ティエリーミュグレー」公式チャンネル
Thierry Mugler Les defiles Pret-a-porter 80
80年代のプレタポルテのショーのダイジェストと思われる映像。
開始すぐに秀香さんが映るほか、55秒過ぎに小夜子さん(多分)、2分5秒過ぎに富樫トコさんの姿。


 
 
 
 

 

ショー以外の公式的映像

 
 
■映画『氷の花火 山口小夜子』  予告編
映画の公式サイトにて8月に公開された公式予告映像
 
■YouTube「ファッション通信」公式チャンネル 今は亡き伝説の日本人モデル「山口小夜子 特集」
度々再放送されている、BSJAPAN「ファッション通信」にて、
2014年に山口小夜子特集が再放送する前の予告映像。
 
 
 
 

 

■YouTube「Atelier LeonLeon」チャンネル Fashion summer 1984
まず舞台裏シーンにて1分50秒頃にイヴサンローラン氏から衣装の最終調整を受けている貴重なシーン。
続いて、2分15秒頃にもう一度舞台裏に映る。
その後開始5分頃からイヴサンローランのショーにて映り始め、5分10秒頃にアップで映る。

https://www.youtube.com/watch?v=ldpWnKaMCDc
 

■YouTube「Atelier LeonLeon」チャンネル Claude Montana 1985/86
6分30秒過ぎに登場。その他、富樫トコさんと秀香さんが映るシーンもあり

https://www.youtube.com/watch?v=tYJqI0GWpwg
 

■YouTube「Atelier LeonLeon」チャンネル 1985 Wintershows
この映像内の「カンサイヤマモト」のショーのパートにて6分55秒頃に映る

https://www.youtube.com/watch?v=cyVZRQzEEUo
 

■YouTube「Atelier LeonLeon」チャンネル antonia hilke summer 1984
8分30秒頃から一度目の登場。その後、9分頃からはフィナーレを飾る

https://www.youtube.com/watch?v=UVKfjxuN8kY
 

■YouTube「Atelier LeonLeon」チャンネル Spring Summer fashion 1984
50分以上のロング映像。20分40秒過ぎに舞台裏にて映るシーンあり

https://www.youtube.com/watch?v=qvIHtvigU_8
 

■YouTube「Atelier LeonLeon」チャンネル 1987年頃のショー映像
6分35秒頃からのKENZOらしきショーの部分で映る

https://www.youtube.com/watch?v=eNpyPR35EPo
 
 
 
 

HOME | 山口小夜子



 
■国際的モデル/海外拠点系

 
 


 
■男性モデル名鑑
1.国内系ショーモデル
2.国際的モデル新人
3.スチール兼ショーモデル

 
システムの都合上、やたらと個別ディレクトリを作れないため、出演ショーの数/映像が少ない若手のかたなどの情報は事務所ごとにまとめさせてもらっています。
 
 
国内系女性モデル名鑑のメニューは数が多いため、別途あり。
サイト内メニューから
「国内拠点系女性モデル」
を選択してください。