[ナビゲーション] 

HOME | コレクション情報 | ロンドンコレクション

 
サイト維持のためにモバイル版サイトではランダム広告が表示されますがご了承ください(広告はこちらで選んでいるわけではありません)

 


 

主催

 
英国ファッション協会(British Fashion Council)
 
 
 
 

歴史

1984年3月、第1回ロンドンファッションウイーク(LFW)開催。
これが日本では「ロンドンコレクション」と呼ばれている。
(JFWにおける東京コレクションの位置づけと同じ)
 
開始当初は15ブランド程度の参加であったが、
ジョンガリアーノも初期(1985SS)から参加。
 
しばらくは注目は低かったが、1996年にLFW参加のアレキサンダーマックイーンが
ジバンシーのデザイナーに抜擢され、若手発掘の場として一躍脚光を浴びる。
 
2000年以降、マックイーンやチャラヤンがパリに発表の場を変えて以降は、
東コレ同様、パリ・ミラノ進出を目指す若手中心の構成になっている。
そのため、日本でもなじみのないブランドも多い。
 
2012年夏からはメンズが独立し、年2回のメンズコレクションがスタート。
メンズのバーバリー・プローサムなど、いくつかのブランドが他の都市からロンドンに戻ってくるなど、
近年、メンズ部門を中心に、少しずつ勢力を拡大している。
 


開催日

  • レディース(2・9月)・・・・・約半年先の作品を発表
  • メンズ(1月と6月中旬)・・・・・約9か月先のシーズンの服を発表
 
 
 
 
 
 
 

 

[まずはじめに]
このサイトは各モデル様・事務所様とは一切の関係がありません。非公式(私設)サイトです。